• ホーム
  • 避妊の拒否は法的に犯罪?

避妊の拒否は法的に犯罪?

2019年11月02日
考えている女性

カトリックの国々では、子供を多く持つことが神の祝福とお告げであると思われています。
またその為に夫婦間では、避妊や中絶手術が行われないのが通常だったのです。
それは避妊の拒否は法的に違法なのかと言う疑問があったのです。

しかし避妊の拒否は法的にNGではないのが、現在的なモラルになっています。
それは避妊用具の活用によって、性交渉からの伝染病がまず防げます。
それが恋人同士であれば、結婚前の妊娠防止から将来の人生設計が立てられます。
それは妊娠する事で、仕事を辞めてしまわなければいけない女性たちが出てきます。
ですから心や体、経済の負担を考慮してから妊娠を行うほうが望ましいのです。

また子供を持つ事を決断できないカップルもいますからその役割が、避妊用具によって果たせます。
その為に結婚していても両方の望む時に子供を持つことが出来るのです。
ですから避妊の拒否は、両方の意見や話し合いから行われるべきです。
その為に日本での法的効力は、避妊してもしなくても法律的には関与しない事になります。
それは法的には、避妊の拒否は法的にNGではないのです。
しかし女性の体のことや人生設計を行う事で、避妊を行うかはその人やカップルが決めるモラルです。

関連記事
旅先でも安心の避妊グッズ

旅先でも安心の避妊グッズと言えば、一番効果的なのがコンドームです。それ以外にも、ピルを服用している事も避妊に繋がります。コンドームについては男性が持参している事が多いですが、中には持参しない事も多いです。そのため、女性が持っていくといったケースも増えてきています。もし忘れていても旅先で購入すればいい...

2019年09月30日
万が一、避妊を忘れてしまったら

妊娠を望まないのに万が一、避妊を忘れてしまったら、緊急の対策として緊急避妊薬の服用という方法があります。通称アフターピルとよばれるものです。ここではアフターピルとは何か、また服用方法や副作用について説明します。まずアフターピルとは排卵を遅らせたり、卵子の着床を阻止するホルモン剤です。避妊のため定期的...

2019年09月12日
使い方を間違えないように要注意

トリキュラーは優れた避妊薬ですが、副作用についても念のため押さえておきましょう。ホルモンバランスが一時的に変化するため、飲み始めた頃は不正出血、頭痛、吐き気、乳房の張り、乳房痛などがしばしばみられます。飲み続けることで症状は軽くなることが普通ですから、それほど心配することはないでしょう。時として血栓...

2019年08月26日